WordPressのテーマ

WordPressをインストールして設定を行ったら、まず初めにすることは、「テーマ」選びかと思います。
「テーマ」とは、ブログのテンプレートの様に、Webサイトの見た目の決めるデザインのようなものですが、全体の構成や枠組み、それぞれ独自の機能まで含まれています。

最新版(WordPress 5.2)では、「Twenty Nineteen」「Twenty Seventeen」「Twenty Sixteen」の3つがインストールされていますが、「外観」→「テーマ」→「新しいテンプレートを追加」をクリックすると、何千個ものテーマが表示されます。

「Twenty ~」という、開発された年数が名付けられたテーマは、全てWordPressのデフォルトのテーマで、利用者も大変多く、アレンジの仕方、扱い方など、たくさんの人が、サイトなどで、分析、解説していますね。分からない所があっても、ネット検索すると、大概、どなたかのサイトで答えが見つかります。私のこのサイトも「Twenty Seventeen」を利用しています。

その他のすごーくいっぱいあるテーマは、無料のもの、有料のもの、一部有料のもの、ある機能に特化したもの、デザインも様々で、迷ってしまいます。こちらもネット検索すると、オススメや特徴をまとめたWebサイトが多数あるので、そのようなものを参考にするのもよいかもしれません。

テーマを決めたら、カスタマイズを始めるのですが、その前に、テーマ内のファイルの関係をまとめてみました。ざっくりとした私の理解の範囲ですが。

「functions.php」は、テーマの中の王様のような存在です。各phpファイルを関係づけ、全体をまとめます。

それぞれのファイルの変更は、直接上書きするのではなく「子テーマ」を作成し、そこに変更点、追加点を記載していきます。(「子テーマ」については、また別に書きたいと思います)