【WordPress プラグイン】All-in-One WP Migration

WordPressサイトのサーバー移転って、普通にするとなると、結構、時間も手間もかかるんですよね。FTPで転送して(これが時間掛かります!)・・・データベース動かして・・・.htaccessとかファイル書き替えて・・・内部リンク直して(とても面倒臭い)・・・
私も一度やってみましたが、うんざりしましたよ。

今回、またお引越ししなくちゃいけなくなって、なんか簡単な方法はないかなってプラグイン検索してみたら、サーバー移転&バックアップ機能のあるプラグインって、いくつもあるんですね。「All-in-One WP Migration」を試してみましたが、すごーーーく簡単です!あの手動で移転の大変さが嘘みたいに、スムーズに移転ができました。
簡単 & 速い & 内部リンク自動書き換え と、本当素晴らしいです。

All-in-One WP Migrationでサーバ移転の手順

(前提として、引っ越し先サーバにもWordPressがインストールされている必要があります)
1. All-in-One WP Migration をインストール
2. 引っ越し元からデータ・エクスポート
3. 引っ越し先へデータ・インポート

All-in-One WP Migrationをインストール

引越し元、引っ越し先、両方のWordPress管理画面より、それぞれ、「プラグイン」>「新規追加」で「All-in-One WP Migration」を検索し、インストールします。有効化すると、左の欄に、「All-in-One WP Migration」と表示されます。

引っ越し元からデータ・エクスポート

引越し元のWordPress管理画面より、「All-in-One WP Migration」>「エクスポート」をクリック。

「検索(文字列)置換(別の文字列)データベース内」→ 書き換えたい文字列があれば、ここに入力
「高度なオプション」→ エクスポートしたくないファイルがあれば、ここで選択
「エクスポート先」→ 無料版では「ファイル」しか選べません。使用中のディバイスにダウンロードされます。

緑の枠に囲まれた「~をダウンロード」というのが出てきたら、そこをクリックします。

引っ越し先へデータインポート

引越し先のWordPress管理画面より、「All-in-One WP Migration」>「インポート」をクリック。

「インポート元(先ほどダウンロードしたファイル)」を選んで、「PROCEED」をクリックすれば完了なんですが、ここで、私はちょっと問題がありました。
ダウンロードしたファイルのサイズは28MB。だけど、「最大アップロードファイルサイズ」が、5MBとなっています。どうやらこれは、利用しているサーバの方で、初期設定がそのようになっているらしく、それを変更する必要がありました。

いくつか方法があるようですが、私はその下のところの「最大アップロードファイルサイズをあげる方法」と書かれたリンク先の1番目に書かれていた、「.htaccessファイルをアップデートする」というのをしました。

php_value upload_max_filesize 128M
php_value post_max_size 128M
php_value memory_limit 256M
php_value max_execution_time 300
php_value max_input_time 300

WordPressディレクトリ直下にある.htaccessファイルに、</IfModule>の直前、このように書き込みます。これで、最大アップロードファイルサイズが128MBに広がりました。

「インポート元(先ほどダウンロードしたファイル)」を選んで、「PROCEED」をクリックして完了です!
あっという間にお引越しできました!

【WordPress プラグイン】List Category Posts

WordPressのプラグイン(拡張機能)って、本当に豊富で、こんなのないかな、って検索すると、必ずあるっていうぐらい、何でもありますね。本当に便利です。

投稿記事をカテゴリー毎、タグ毎に、一覧を表示させるプラグイン、ないかな、って思って、検索して見つけた「List Category Posts」。簡単なショートコードで一覧を作れます。

プラグイン有効化後、投稿記事や固定ページに書き込むショートコードをまとめます。

投稿タイトルの一覧表示

新着記事一覧を表示する、一番単純なショートコード。

ショートコード: [catlist]

投稿日を表示

新着記事一覧と投稿日を表示するショートコード。

ショートコード: [catlist date=”yes”]

「date_modified=”yes”」を使うと、投稿日ではなく、更新日が表示されます。

抜粋を表示

新着記事一覧と抜粋を表示するショートコード。

ショートコード: [catlist excerpt=”yes”]

カテゴリーを指定

カテゴリーを指定して、そのカテゴリーの一覧を表示するショートコード。

ショートコード-01: [catlist name=”カテゴリー名”]
ショートコード-02: [catlist id=カテゴリーID]

カテゴリーIDについて⇒ WordPress 記事やカテゴリーのIDの調べ方

タグを指定

タグを指定して、そのタグの一覧を表示するショートコード。

ショートコード-01: [catlist tags=”タグ名”]
ショートコード-02: [catlist id=タグID]

タグIDについて⇒ WordPress 記事やカテゴリーのIDの調べ方

AND指定

複数のカテゴリーまたはタグをAND指定して、その一覧を表示するショートコード。「+(プラス)」を挟み、複数指定できる。

ショートコード: [catlist id=カテゴリーID+カテゴリーID]
例: [catlist id=4+5]

(「+」の前後にスペースを挟まない)

OR指定

複数のカテゴリーまたはタグをOR指定して、その一覧を表示するショートコード。「,(コンマ)」を挟み複数指定できる。

ショートコード: [catlist id=カテゴリーID,カテゴリーID]
例: [catlist id=4,5]

(「,」の前後にスペースを挟まない)

除外指定

あるカテゴリーまたはタグから、別のカテゴリーを除外指定して、その一覧を表示するショートコード。「-(マイナス)」を挟み複数指定できる。

ショートコード: [catlist id=カテゴリーID-カテゴリーID]
例: [catlist id=5-4]

(「-」の前後にスペースを挟まない)

現在のカテゴリーを指定

現在のカテゴリーを指定して、記事の一覧を表示。関連記事として機能として利用。

ショートコード: [catlist categorypage=”yes”]

表示件数指定

記事の一覧に表示される件数を指定します。

ショートコード: [catlist numberposts=記事数]

(記事数は半角数字です)

「numberposts」を指定しない場合、「設定」で指定したページ数になります。
(「設定」>「List Category Posts」>「Number of Posts」に入力されている数字です。)

ページナビゲーションの表示

記事の一覧の下に、ページナビゲーションが表示されます。

ショートコード: [catlist pagination=”yes”]

「pagination」を指定しない場合、「設定」での指定に応じます。
(「設定」>「List Category Posts」>「Pagination」が「true」だと、ページナビゲーションは表示されます。)

アイキャッチ画像の表示

アイキャッチ画像をサムネイルとして、記事の一覧と共に表示。

ショートコード: [catlist thumbnail=”yes”]

アイキャッチ画像のサイズ

アイキャッチ画像のサイズを指定するショートコード。

ショートコード: [catlist thumbnail=”yes” thumbnail_size=”値”]

指定可能な値は以下の通りです。
・ small ⇒ 小サイズ
・ medium ⇒ 中サイズ
・ large ⇒ 大サイズ
・ full ⇒ フルサイズ
・ 任意の幅と高さ ⇒ 数字,数字 (例: thumbnail_size=50,40)

その他、並び順の変更、カスタム投稿の表示、カスタムタクソノミーの表示など、たくさん機能があるみたいですね。とっても使い勝手のいいプラグインです!